輸入ビジネスでお金に困らない
自由な生活を。
『貧乏サラリーマン』が『自由なバンドマン』に生まれ変わった方法を公開中。
リサーチ

【中国輸入】Amazonとヤフオクを組み合わせて利益を5倍にする方法

皆さんこんにちは、KENです。

Amazonで相乗り販売をしていますが、すぐにライバルが増えてしまってなかなか利益を出すことができません!

ライバルが増えるたびにどんどん新しい商品をリサーチしなきゃいけないので、正直Amazonのリサーチ疲れました・・・

Amazon相乗り販売とは?

Amazonで売られている商品と全く同じ商品を仕入れてきて、同じ商品ページで販売することを「Amazon相乗り販売」と言います。

今回は、Amazon相乗り販売で苦しんでいるあなたの為に、Amazonとヤフオクを組み合わせた売上・利益アップ方法について詳しくお話します。

KENもAmazonで相乗り販売をしていた時、苦労の末新しい商品を見つけて販売しても、すぐに価格競争になって利益が取れなくなり、また新しい商品を探しても、その商品もすぐ価格競争になって・・・と終わらない商品探し地獄から抜け出せずにいた時期がありました。

月収10万円は何とか達成しましたが、商品リサーチにさける時間にも限界があったので、Amazon相乗り販売だけで15万円・20万円と利益を積み上げていくのは限界を感じていました。

そこで試しにヤフオクで中国輸入品のリサーチをしてみたところ、

「おお?意外と見つかるな・・・!!」

となり、Amazonとヤフオクの両方で中国輸入品を販売し始めた結果、中国輸入ビジネスの月収を10万円から50万円の5倍に伸ばすことができました。

KEN

月収10万円以下の初心者の方でも実践できる内容になっています。

今回はその具体的な方法について解説をしていきます。

↓まだヤフオクに登録していない人はこちらを読んでください

Amazonとヤフオクを組み合わせて売上・利益を伸ばす手順

Amazonとヤフオクを組み合わせて売上・利益を伸ばす手順は以下の通りです。

売上・利益アップの手順
  1. Amazonで出品している商品をヤフオクにも出品してターゲットを増やす。【月収3万円アップ】
  2. ヤフオクの売れ筋商品に相乗り販売することで、販売商品のバリエーションを増やす。【月収10万円アップ】
  3. ヤフオク相乗り販売からAmazon OEM(オリジナル商品)に発展させる。【月収40万円アップ】
KEN

この「月収○○万円アップ」の数字は、KENが実際にやってみて上がった月収になります。

順番に詳しく説明していきますね。

Amazonで出品をしている商品をヤフオクにも出品してターゲットを増やす。

現在あなたがAmazonで出品している商品はヤフオクにも出品していきましょう。

そうすることで今より沢山のお客さんに商品を見てもらえるようになり、売上を拡大することができます。

でもそれって結局Amazonとヤフオクにお客さんが分散するだけで売上そんなに変わらないんじゃないですか?

KENも最初はそう思ってました。

でも実際にやってみると「普段Amazonで買い物をする人は基本Amazonばかり見るし、普段ヤフオクで買い物をする人はヤフオクばかり見る」ということに気付きました。

図で表すとこんな感じです。

だから「ヤフオクで売れた分Amazonの売上が落ちる」っていうのは感じた事ないですし、むしろヤフオクの売上が上乗せされていきます。

例えばこちらの商品を見てみましょう。

Amazonで3,174円で売られているヨガマット付きのリュックですね。

KEN

コロナ自粛期間で自宅トレーニングにはまってるのでちょっと欲しい・・・(笑)

KENのぼやきは置いといて、この商品をAmazonだけで販売する場合Amazonとヤフオク両方で販売する場合でどれだけ売上・利益に差が生まれるか見てみましょう。

まずはAmazonで販売をするとどれくらいの売上・利益が取れるか見てみます。

タオバオで同じ商品があるか探してみたところ、22元(約370円)で見つけることができました。

この商品を仕入れて同じAmazonページで相乗り販売した場合、1個あたりの利益額はこれぐらいになります。

利益 = 販売価格3,174円 - 仕入単価370円 - FBA手数料698円 - 輸入経費700円 = 1,406円

FBA手数料とは?

商品をAmazonの倉庫に納品することによって、受注後の商品発送の作業をAmazonが代行してくれるシステムのことを「FBA」と言います。

そのFBAの利用料金のことをFBA手数料と言います。

↓FBA手数料の出し方について詳しく知りたい人はこちら

FBA料金シミュレーターを使った利益計算方法について

輸入経費とは?

輸入経費とは「中国から日本へ商品を送るのにかかる送料」「輸入代行会社を使って輸入した場合にかかる代行手数料」などを全て足した金額のことを言います。(大体500~700円くらいで見積もっておけばOKです)

↓輸入代行会社について詳しく知りたい人はこちら

おすすめの中国輸入代行業者「RAKUMART(ラクマート)」について

では次に同じ商品がヤフオクにも出品されているか検索してみます。

商品名で検索してみたところ「条件に一致する商品は見つかりませんでした。」と出てきました。

つまりこの商品はヤフオクでは誰も販売していないということになります。

もしここで何人かがこのヨガマットをヤフオクで販売していて、その最安値が2500円だった場合、あなたも2500円で販売するようにして下さい。

なぜなら、ヤフオクを利用するお客さんは「より安い商品を買いたい」と思っている人が多いので、最安値商品が売れやすい為です。

ではこの商品をヤフオクでAmazonと同じ3,174円で出品したとすると、利益はこのようになります。

利益 = 販売価格3,174円 - 販売手数料(8.8%)280円 - 仕入単価370円 - 送料900円 - 輸入経費700円 = 924円

ヤフオクの販売手数料について

ヤフオクは通常会員の場合、商品代金に対して10%、プレミアム会員の場合8.8%の販売手数料がかかります。

プレミアム会員だと月額利用料508円(税込)がかかりますが、手数料が少し安くなるので、ヤフオクだけで月収10万円以上目指すのであればプレミアム会員の方がお得です。

また、プレミアム会員にしか無い様々な特典があります。

↓詳しくはこちら

Yahoo!プレミアム 公式サイト

ヤフオクの商品発送について

ヤフオクで販売する場合商品は自分で発送するので、もちろん送料がかかります。

ですが、注文が決まる度に全部自分で梱包して発送するのって面倒ですよね?

そんな時「オープンロジ」という発送代行サービスを使えば、商品の梱包・発送をあなたの代わりにやってくれるのでとても楽です。

(※上記の「送料900円」はこのヨガマットぐらいの大きさの商品をオープンロジで発送した時に掛かる送料です)

↓オープンロジについて詳しく知りたい人はこちら

発送代行「オープンロジ」について

この商品が仮にAmazonで月間5個、ヤフオクで月間5個売れる商品だとします。

↓Amazon月間販売個数の調べ方について詳しく知りたい人はこちら

「モノゾン」でモノレートの販売数を数値化

※ヤフオクの月間販売数の調べ方に関する記事は現在作っていますので、もう少し待っててくださいね。

すると、Amazonだけで販売する場合Amazonとヤフオク両方で販売する場合でこれだけの売上・利益の差が生まれます。

Amazonだけで販売する場合
  • 売上:3,174円 × 5個 = 15,870円
  • 利益:1,406円 × 5個 = 7,030円
Amazonとヤフオク両方で販売する場合
  • 売上:(3,174円 × 5個)+(3,174円 × 5個)= 31,740円
  • 利益:(1,406円 × 5個)+(924円 × 5個)= 11,650円

同じ商品をヤフオクにも出品するだけでこんなに売上・利益が増えるんですね。

特にこのヨガマットのようにヤフオクでライバルが全くいない商品に関しては、積極的にヤフオクにも出品していきましょう。

↓出品の仕方が分からない人はこちら

ヤフオクの売れ筋商品に相乗り販売することで、販売商品のバリエーションを増やす。

Amazonの商品をヤフオクに同時出品することでヤフオクの出品に慣れてきたら、今度はヤフオクで儲かる商品を見つけていきましょう。

※元々Amazonをやっていない人はここから始めてもOKです。

Amazonにそもそも出品されていなかったりAmazonでは全然売れていない商品が、ヤフオクでは結構売れている場合がありますので、ヤフオクで売れ筋商品を探すことで、今まで出会えなかった新たな商品を見つけることができ販売商品のバリエーションを増やすことができます。

実際にKENもこの方法をやってみて、10種類~15種類くらいの商品をヤフオクで見つけて販売することができ、月収が10万円アップしました。

KEN

ちなみにその15種類のうちほとんどの商品がAmazonではあまり売れていない商品、もしくは誰も売っていない商品でした。

だから「ヤフオクで商品を探さないと出会えない商品もある」と確信しました。

↓ヤフオクで儲かる商品を見つける方法はこちら

ヤフオク相乗り販売から、Amazon OEM(オリジナル商品)へ発展させる。

KENはこの方法をやる前までは、Amazon相乗り販売・ヤフオク相乗り販売の合計で月間売上100万円・月収20万円くらいでしたが、この方法で販売をしてからは月間売上200万円・月収50万円まで売上・利益が一気に跳ね上がりました。

手順は下記の通りです。

  1. ヤフオク相乗り販売している商品をAmazonで検索してみて、Amazonにライバルがどれくらいいるかを調べる。
    ライバルが少なければAmazonへ出品するチャンス。
  2. その商品ジャンルの市場分析をして、稼げるか稼げないかを見極める。
  3. おまけ品や日本語取扱説明書など、お客さんが喜ぶ付加価値を付けて売る。

市場分析!? 付加価値!?

いや~なんか難しそうですね・・・

たしかにいきなり手順を説明されてもよく分からないと思いますので、実際の商品を例に挙げて説明してみますね。

ヤフオクで相乗り販売している商品をAmazonで検索する

例えばあなたが以下の商品をヤフオクで相乗り販売しているとしましょう。

スライディングハンマーという車の凹み修理に使う工具です。

マニアックな商品ですね(笑)

でもちょっとマニアックな商品な方が「お、いいかも」とKENは思ってしまいます。

なぜなら「Amazonで検索した時に、この商品ライバルが少なそうだな」と思うからです。

ではこの商品がAmazonでも販売されているか調べてみます。

Amazonで検索したところ、少し似ている商品はありましたが同じ商品はありませんでした。

こういった少しマニアックな商品はAmazonで検索した時に同じ商品がヒットする確率が低いので、Amazonで独占販売できる可能性が高いです。

この時もし以下のように評価数の多い(評価数50以上)セラーがずらっと並んでいる場合は、ライバルに勝つことはなかなか難しいのでAmazonへの出品は諦めた方が良いです。

なぜならAmazonの商品は、よく買われていたり評価数が多い商品ほど、検索した時に上の方に表示される仕組みなので、評価数が多い出品者よりも良い位置に商品を表示させるのが難しいからです。

Amazonとか楽天で買い物したことある人なら分かると思いますが、検索した時上の方に出る商品からクリックしていきますよね?

だから検索した時に上の方に来ないとなかなか売れないのです。

「スポンサープロダクト広告」という機能を使えば、新規出品商品でも上の方に表示させることは可能です。

しかし広告費用がかかりますし、純粋な検索で上位に食い込むことができなければ、1つの商品で大きな売上・利益を稼ぐのは難しいので、やはり評価数の多いライバルが並んでいる商品は避けた方が無難です。

↓スポンサープロダクト広告について動画で解説しています。

ヤフオクで売れ筋のちょっとマニアックな商品を頑張って探してるんですけど、なかなか見つかりません・・・

そういう場合は無理にマニアックな商品を探さなくてOKです。

専門的な商品であればあるほど需要が低いので、売れ筋を見つけるのは正直難しいです。

まずはメジャーな商品でも良いのでヤフオク相乗り販売の商品バリエーションをどんどん増やしていきましょう。

それを続けているうちにAmazonに出品されていないようなマニアックな商品も少しずつ見つかっていきますので、最初のうちはヤフオクで売上・利益を伸ばしていくことに専念しましょう。

出品する商品ジャンルの市場分析をする。

次にこのスライディングハンマーをAmazonで出品した時に「本当に稼げるのか?」を調べるために、「スライディングハンマー」という商品ジャンルの市場分析をしていきます。

市場分析って何ですか?

ちょっと小難しい言葉で説明すると、「スライディングハンマーを購入する顧客のニーズを読み取り、そのニーズを満たす為にどういった商品・サービスを作って価値を提供すべきか」そういったことを調査することを市場分析と言うのですが、よく分からないと思うのでいくつか例を挙げます。

  • 「車・バイク用品」という大きなカテゴリーの中で「スライディングハンマー」はどれくらいの規模を占めている?
  • スライディングハンマーをAmazonで買う人は、スライディングハンマーにどういった機能・デザインを求めている?
  • 価格帯はいくらぐらいで出品するべき?
  • Amazonでスライディングハンマーを出品しているライバルは、どういった機能・デザインのスライディングハンマーを出品している?
  • 何人くらいの人がいくらで出品している?

例えばこういったことですね。

市場分析のやり方を詳しく説明するとかなり長くなりますので、また別の記事で解説します。

もう少し待っていて下さいね。

お客さんが喜ぶ付加価値を付ける

市場分析をして「この商品は稼げる!」と判断することができたら、次に「自分が出品する商品にどんな付加価値を付けるか?」について考えます。

付加価値というと難しく聴こえると思いますので、もう少し分かりやすく言うと「他社商品には無い独自のアピールポイント」のことです。

例えば市場分析をした結果、「素人なので使い方がよく分からない」という購入者からの声が多く寄せられていた場合は、使い方を詳しく書いた取扱説明書を付けてあげたり、「女性には重くて使いづらい!」という意見が多く寄せられている場合は、少し軽めのものをタオバオ・アリババで探して、「女性にも扱いやすい軽量ボディ」というのをアピールして売ったりします。

ここで大事なのが自分の思い付きで価値を考えるのではなく、実際のお客さんの声からニーズを読み取って考えることが大事です。

お客さんの声の集め方ですが、ライバル商品のレビュー投稿から声を集めていきましょう。

Amazonで購入した人は商品にレビューを残すことができるのですが、「もっとこうして欲しい」という改善案を残してくれることがあります。

試しに以下の商品のレビューを見てみます。

商品タイトルの下の「○○個の評価」というところをクリックすればレビュー投稿を見ることができます。

レビュー投稿を1個1個見ていくとこんな意見を見つけました。

「作業のコツを知りたい」という意見がありましたので、あなたが出品するスライディングハンマーには作業のコツが詳しく書かれた取扱説明書を付けてあげましょう。

あとはこういった「商品の形状に関する意見」もチラホラありました。

支柱が長くて円形部分の面積が大きめの方がどうやら使いやすいようですね。

タオバオやアリババで商品を探す際のヒントにしましょう。

でもこんな専門的な商品、取扱説明書を作りたくても作れないですし、レビューの意見を見たところで何のことかさっぱり分かりませんよ!

KENもその壁にぶつかったことがあります。

専門的な知識が無いのであれば専門家の力を借りましょう。

クラウドワークスというサイトを使えば気軽に専門家の力を借りることができます。

どういうサイトかというと、特定の分野に詳しい人やプロの人に仕事を依頼できるサイトです。

プロの人じゃなくても一般の人に仕事を依頼することももちろんできます。

KEN

プロじゃない一般の人に依頼する仕事ですが、例えばKENの場合、Amazonで注文してくれたお客さんにお礼のお手紙を送るようにしてるんですけど、そのお手紙を1通30円のお給料で、在宅ワークをしたい主婦の人にお願いしたりしています。

このクラウドワークスを使えば、スライディングハンマーに詳しい人に取扱説明書を代わりに作ってもらったり、実際にスライディングハンマーを使ってもらって、専門家の立場から改善点を教えてもらうこともできます。

以下は実際にKENがクラウドワークスに投稿したお仕事募集です。

模型の商品をAmazonで出品した時に、模型作りが得意な人に組立説明書を作ってもらいたくて募集をした時のものです。

このように募集タイトルに「模型・プラモデル作りが好きな方へ」と書いて、どんな人に応募して欲しいかをアピールすれば、その分野が得意な人からの応募が来やすいです。

あとはこんなこともやってます。

Amazonでカーパーツを出品した時、何かおまけ商品を付けたかったのですが、どんなものが良いか分からなかったので車のカスタムが好きな人に向けてアンケートを実施しました。

100人に実施した結果、車が好きな人の目線でどういうものがおまけとして付いてくると喜ばれるかを調べることができました。

(たしかアンケートの結果、ドリンクホルダー、スマホホルダーあたりが意見として多かったです。)

このように1分程度で終わる軽い作業も依頼することができます。

アンケートを使えば、Amazonのレビュー投稿にも書いていないような隠れたニーズを知ることもできるので、オリジナル商品にどんな価値を付けるのかについて良いヒントになります。

※クラウドワークスの詳しい使い方についての記事は現在作成中です。

もう少し待っていて下さいね。

まとめ

  • Amazonに出品している商品をヤフオクにも出品することで売上を伸ばすことができる。
  • ヤフオクの売れ筋商品に相乗り販売することで販売商品のバリエーションが増え、更に売上を伸ばすことができる。
  • もっと大きく売上を伸ばしたい場合は、ヤフオク相乗り販売から、Amazon OEM(オリジナル商品)へ発展させる。
  • 専門的な商品ほどAmazonを独占できるが、商品探しの難易度が高いので慣れるまではメジャーな商品でOK
  • ライバル商品のレビュー投稿を参考にして、オリジナル商品の付加価値を考える。
  • クラウドワークスを使って商品知識が詳しい人からの意見をもらうのもアリ。

もしあなたがAmazonで伸び悩んでいる場合はヤフオクも是非使ってみてください。

KENのように月収を10万円から50万円まで一気に伸ばすことも可能です。

最後に なかなか結果が出ないあなたへ

月収を10万円から50万円に伸ばせたのってKENさんが優秀な人間だからですよね。

僕なんかにはできないですよ・・・

いえいえ、決してそんなことはありませんよ。

自分で言うのもなんですが、怠け癖のあるダメ人間ですし(笑)

ですが確実に言えることは、「正しい方法を毎日少しずつ実践してきたからここまで来れた」という自負はあります。

あなたがたとえKENのように怠け者ではなく真面目にコツコツできる人だったとしても、それが間違った方法だと時間の無駄になってしまいます。

そんなあなたの為に、輸入ビジネスで稼ぐ為の正しい方法や考え方を、LINEで定期的に配信しています。

良ければ以下のボタンより友達追加をお願いします。

友だち追加

KENに自由に悩み事を相談できる「オンライン個別お悩み相談室」など、あなたの輸入ビジネスを応援する様々な企画も開催していますので、この機会に是非友達追加してみて下さいね。

ABOUT ME
KEN
はじめまして、KENと申します。 音楽が大好きで、学生時代からずっとドラムを続けています。 今から約3年前、お金と時間に縛られない生活を手に入れるべく輸入ビジネスをスタート。 現在は月収40万円~50万円を安定して稼いでいます。 詳しいプロフィールはこちら
「お金に困らない生活」手に入れませんか?

  • 「お金に余裕が無くて、休日に趣味を満喫できない・・・」
  • 「欲しい物があるけど、給料が安くてなかなか買えない・・・」
  • 「会社の給料だけだと将来が不安・・・」

 

そんなあなたの為に、副業月収10万円を稼ぐ為の「輸入ビジネス完全攻略ガイドブック」を無料でプレゼントいたします。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です