中国輸入ビジネスで
お金と時間の自由を手に入れる。
『貧乏サラリーマン』が『自由なバンドマン』に生まれ変わった方法を公開中。
仕入

中国輸入の仕入数量はどうやって決めればいい?

皆さんこんにちは。KENです。

商品リサーチをして仕入れる商品が決まったまではいいけど、その商品をどれくらい仕入れたら良いか分からない・・・

そんなお悩みを持ったあなたの為に、今回は「どれくらいの数量の商品を仕入れれば良いか」について詳しくお話します。

仕入量の判断に迷っている方は是非参考にして下さい。

初回仕入はテストで5個仕入れる。

初めて仕入れる商品は、まずは少量仕入れてテスト販売を行いましょう。

手始めに5個仕入れるのが良いです。

Keepaなどのツールを使って、「1か月30個売れる」というデータがあるからといって、いきなり30個仕入れるのは危険です。

なぜなら、Keepaなどのデータは100%正確なデータでは無いからです。

Keepaってなに?

↓Keepaについて詳しく知りたい人はこちらをどうぞ

Keepa上では1か月30個売れているデータがとれていたとしても、実際にはほとんど売れていない可能性もあります。

Keepaの数値はあくまで参考程度に考えてください。

沢山仕入れるのは、テスト5個の実際の売れ行きをチェックしてからにしましょう。

テスト販売をして品質チェックをする。

テスト販売の目的は売れ行きチェック以外にも、品質チェックの目的があります。

実際に販売をしてみたら商品不良が発生し、お客様からクレームを頂いて悪い評価をもらってしまう事があります。

もし品質が悪い商品を大量に仕入してしまったとしたら、お金的にも時間的にもかなりの損失になってしまいます。

そうならない為にもまずはテスト販売をして、商品の品質をチェックするのです。

もしテスト商品5個から1個でも不良品が発生したら、仕入元を変更して再度テスト販売を行いましょう。

テスト5個の売れ行きを見て本格的に仕入れる。

テスト5個を販売して売れ行きと品質のチェックが完了したら、次に本格的に仕入れていきます。

ここでの仕入量の決定方法ですが、テスト5個の売れ行きから1か月の販売数を予想して決定します。

例えば5個を10日間で売り切ったとします。

これを1か月(30日間)で換算すると、15個になります。

ですので、次回の仕入は15個で仕入れます。

このようにテスト5個の販売動向から1か月の販売数を予想し、次回の仕入量を決定するのです。

Keepaで商品価格・セラー数の推移をチェックし、仕入量を調整する。

テスト5個の販売動向から1か月の販売数を予想しましたが、次にKeepaで商品価格・セラー数の推移をチェックし、仕入量を調整していきましょう。

実際の例を見ながら解説します。

モノレートのグラフを使って解説していますが、Keepaで代用可能です。

以下の商品の場合、商品価格とセラー数がある程度安定しているので、1か月分の販売数量を仕入れてしまってOKです。

しかし、商品価格やセラー数に以下のような変化が現れてきている場合は、仕入数量を若干調整した方が良いでしょう。

上記のようなグラフの推移になっている場合は、商品を販売開始した頃には更に状況が悪化してしまい、利益が取れなくなってしまったり、ライバルセラーが更に増えて売れ行きが悪くなってしまう可能性があります。

このような場合は1か月分は仕入れず、数量を少し減らしましょう。

例えば、本来なら30個仕入れるところを半分の15個にするなど、自分なりのルールを作って数量を調整するようにして下さい。

以上が、中国輸入における仕入数量の決定方法になります。

いきなり大量に仕入れるのは危険なので、まずはテスト仕入をした上で仕入数量を見極めていきましょう。

それでは、またお会いしましょう。

ABOUT ME
KEN
はじめまして、KENと申します。 音楽が大好きで、学生時代からずっとドラムを続けています。 今から約3年前、お金と時間に縛られない生活を手に入れるべく輸入ビジネスをスタート。 現在は月収40万円~50万円を安定して稼いでいます。 詳しいプロフィールはこちら
「お金と時間の自由」を手に入れませんか?

  • 「お金に余裕が無くて、欲しいものが買えない・・・」
  • 「時間に余裕が無くて、趣味を満喫できない・・・」
  •  

    そんなあなたの為に、副業月収10万円を稼ぐ為の「中国輸入転売マニュアル」を無料でプレゼントします。

     

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です