輸入ビジネスでお金に困らない
自由な生活を。
『貧乏サラリーマン』が『自由なバンドマン』に生まれ変わった方法を公開中。
仕入

仕入資金が少ない輸入ビジネス初心者におすすめのクレジットカード3選

輸入用に新しくクレジットカードを作ろうと思いますが、どのカードを選べばいいか分かりません。

何かおすすめってありますか?

そんなあなたの為に、今回はKENのおすすめクレジットカード3選をご紹介します。

そのカードは以下の3つです。

  楽天カード 三井住友カード SPGアメックスカード
一番凄いところ ポイントがじゃんじゃん貯まる ポイント交換サービスが充実 マイルがじゃんじゃん貯まる
ポイント還元率 100円買い物で1P 1,000円買い物で1P 100円買い物で3P = 1マイル
年会費 無料 1,250円(税別) 31,000円(税別)

どのカードも輸入ビジネスをやっていく上で便利なポイントや、お得な特典が付いています。

特に楽天カードと三井住友カードは、仕入資金が少ない人でも使いやすいカードとなっています。

是非クレジットカード選びの参考にしてみてくださいね。

楽天カード

まずご紹介するのがKENも愛用している楽天カードです。

  • 支払いまでの期間
  • 利用限度額の上げやすさ
  • ポイントの貯まりやすさ
  • 世間のイメージ
  • コールセンターの使い勝手
こんな人にオススメ
  • 資金が少ない人
  • 今持っているクレジットカードの利用限度額が低い人
  • お買い物が好きな人

良いところ1:支払いまでの期間が長い

支払サイクルが月末締め・翌月27日払いで、購入から支払いまでの期間が比較的長いです。

ですので、口座からお金が引き落とされる前に商品を販売する余裕があるので、資金が少ない人にオススメです。

カレンダーで説明するとこんな感じです。

4月1日~4月30日の購入分が、5月27日にまとめて引き落としされるんですね。

例えば4月1日に購入すると、5月27日の引き落とし日まで56日も期間が空いているのでかなり余裕があります。

良いところ2:利用限度額を上げやすい

利用限度額とは

クレジットカードには「毎月○○万円まで使えます」という金額が定められており、その金額のことを利用限度額と言います。

利用限度額も上げやすいので、今持っているクレジットカードの利用限度額が低い人にもオススメです。

利用限度額が大きくなると沢山の商品を仕入れることができ、輸入ビジネスの規模を拡大しやすくなります。

良いところ3:ポイントが貯まりやすい

更に全国の色んなお店で使える楽天ポイントがじゃんじゃん貯まりますので、お買い物が好きな人にも嬉しいカードとなっています。

こちらは私の楽天カードのポイント保有状況ですが、56,852ポイントも貯まっています。

たまにポイントを使って買い物していますが、5万ポイントを下回ることは滅多にありません。

↓もっと詳しく知りたい人にオススメの記事↓

悪いところ1:世間のイメージがあんまり良くない!?

良い意味でも悪い意味でも庶民的なイメージが根付いていて、「楽天カードは安っぽくてダサい」と感じている人が多いらしいです(笑)

私はあまり気にしないタイプですが、そういうのが気になる人もいるんですね。

まあたしかに例えば、会社の上司が飲み会の会計の時に楽天カードを取り出すと「あ、コツコツポイント貯めてるんだなあ」とほっこりした気持ちにはなるかもしれませんね(笑)

悪いところ2:コールセンターが有料で繋がりにくい

あとはコールセンターが有料(30秒ごとに20円)で、混雑していて繋がりにくいことが多いです。

これに関してもコールセンターに電話する機会ってそれほどありませんので、あまり気にしたことはありません。

三井住友カード

こちらもKENが長いこと愛用しているカードになります。

  • 支払いまでの期間
  • 利用限度額の上げやすさ
  • ポイントの貯まりやすさ
  • ポイントサービスの充実度
  • 審査の通りやすさ
こんな人にオススメ
  • 資金が少ない人
  • 今持っているクレジットカードの利用限度額が低い人
  • ポイント・電子マネーを使った買い物が好きな人
  • コンビニとマクドナルドが好きな人

良いところ1:支払サイクルの計画を立てやすい

三井住友カードは以下2パターンの支払サイクルのいずれかを選ぶことができます。

  1. 15日締め・翌月10日払い
  2. 末締め・翌月26日払い

この時、既に持っているクレジットカードの支払サイクルとずらすようにしましょう。

この記事の前半で説明しましたが、そうすることで引き落とし日までの商品販売期間をできるだけ長くすることができ、口座のお金が安定します。

例えばこんな感じで使い分けましょう。

  • 楽天カード:末締め・翌月27日払い
  • 三井住友カード:15日締め・翌月10日払い

カレンダーで説明するとこうなります。

このように異なる支払サイクルのカードを使い分けることで、支払日をなるべく後ろにずらすことができます。

その点三井住友カードは支払サイクルを2パターンから選べるので、既に持っているクレジットカードと組み合わせた支払い計画を立てやすく、資金が少ない人にオススメです。

良いところ2:利用限度額を上げやすい

三井住友カードも楽天カード同様に、利用限度額を上げやすいです。

KENの場合、たしか入会当初は30万円~40万円だったと思いますが、3年ぐらい使い続けて150万円まで上がりました。

良いところ3:ポイント交換サービスが充実している

三井住友カードは1,000円買い物ごとに1ポイント貯まります。

KENは三井住友カードを使って毎月30万円~60万円分の商品を仕入れますので、毎月300~600ポイントずつ貯まっていきます。

こちらがKENのポイント保有状況ですが、3年くらい使って15,512ポイントも貯まりました。

でも1,000円で1ポイントに交換って還元率低くないですか?

たしかに正直言うと還元率は低いです。

しかし、このポイントは他社カードのポイントや電子マネーにお得に交換することができます。

いくつか例をあげますね。

  • 1P ⇒ 楽天ポイント 5P
  • 1P ⇒ Tポイント 4P
  • 1P ⇒ au WALLETポイント 5P
  • 1P ⇒ nanacoポイント 4P
  • 1P ⇒ Pontaポイント 4P
  • 1P ⇒ 楽天Edy 4円
  • 1P ⇒ ジョーシンポイント 5P
  • 1P ⇒ PiTaPa ショップdeポイント 50P

例えば月収10万円稼ぐ場合、毎月の商品購入金額は大体30万円ぐらいになります。

(月収10万円 = 売上40万円 – 仕入30万円

そうすると、楽天ポイントの場合毎月こんな感じで貯まります。

30万円 ⇒ 300P ⇒ 楽天ポイント 1,500P

このようにあなたが普段よく使っているポイントカードのポイントや、電子マネーにお得に交換することができるのです。

また、三井住友カードを使ってセブンイレブン・ファミリーマート・ローソン・マクドナルドの4店舗で買い物をすると、ポイントが5倍になります。(200円購入で1ポイント)

ですので、コンビニ・マクドナルドを頻繁に利用する人にもオススメです。

悪いところ:入会審査が厳しめ

三井住友カードは「銀行系のクレジットカード」と呼ばれていて、入会審査が少し厳しめなのが特徴です。

収入が少ない学生さんや、過去にクレジットカード支払の滞納歴がある場合は審査に落とされる可能性もあります。

でも審査が厳しい分セキュリティ面は強く、不正利用や情報漏洩からしっかり守ってくれるという良い面もあります。

SPGアメックスカード

このカードはKENは持っていないのですが、かなり人気の高いカードとなっています。

  • ポイント・マイルの貯まりやすさ
  • 支払いまでの期間
  • 利用限度額の上げやすさ
  • 年会費のコスパ
こんな人にオススメ
  • 旅行が好きな人
  • 出張先で良いホテルに泊まってプチ贅沢したい人

良いところ:ポイント・マイルが貯まりやすい

このカードの一番凄いところはポイントやマイルがジャンジャン貯まるところです。

このカードで100円買い物する度に3ポイント貯まり、更にその3ポイントは1マイルに交換することができます。

100円 ⇒ 3ポイント ⇒ 1マイル

といった流れですね。

「マイルがジャンジャン貯まる」って言ってますけど、100円⇒1マイルってそんなに還元率良いように思えないんですけど・・・

たしかにこれだと還元率は普通のレベルです。

しかし一度に60,000ポイントをマイルに交換すると5,000マイルがボーナス付与されます。

ですので、200万円買い物 ⇒ 60,000ポイント ⇒ 20,000マイル + 5,000マイル

となり、100円 = 1.25マイルの還元率となります。

例えば月収10万円を稼ぐ人だと、月間の仕入金額は大体30万円ですので、6か月~7か月ぐらいで60,000ポイント = 25,000マイル(200万円買い物)貯まります。

25,000マイルがどれぐらいお得なのかいまいちピンときません・・・・

はい、KENもまさに同じ感想でした(笑)

なので何マイルで具体的にどんなサービスを受けられるのか調べてみました。(JAL公式サイトのマイレージプログラムより抜粋)

マイルで受けられるサービス例
  • 7500マイル:USJ 1デイ・スタジオ・パス
  • 9000マイル~:国際線のアップグレード(エコノミー ⇒ プレミアムエコノミー)
  • 10000マイル~:電子マネー「WAON」へ交換
  • 12000マイル~:国内線航空券(往復)
  • 15000マイル~:国際線航空券(往復)

こんな感じでUSJのチケットや航空券に交換できます。

これはほんの一例ですので、ホテルやレストランのクーポン券など他にも色々なものに交換することができます。

また、マイルを使わずにポイントでホテル宿泊や景品に交換することも可能です。

詳しく知りたい人は下記の公式サイトを見てみて下さいね。

アメックス公式サイトはこちら

悪いところ:年会費が高い

年会費が31,000円(税別)となっており結構高いです。

ですが、入会から2年目以降にホテル無料宿泊券を毎年受け取れます。

無料宿泊の対象
  • 無料の範囲:1泊1室2名
  • 部屋のクラス:スタンダードルーム
  • 対象ホテル:50,000ポイント以内のマリオットボンヴォイ(マリオット、SPG、リッツ・カールトン)参加ホテル

ここに書いてある対象ホテルって例えばどんなホテルですか?

例えばこんなホテルです。

こういったホテルは普通に泊まると結構いい値段がします。

1泊3万円~4万円以上する高級ホテルに毎年無料で泊まれるので、旅行行ったり出張が多い人でしたら年会費の元は十分に取れますね。

まとめ

  • 楽天カードは支払いまでの期間が長いので、資金が少ない人にオススメ。
  • 三井住友カードは支払サイクルを2パターンから選べるので、2枚目のクレジットカードとしては最適。
  • SPGアメックスカードはマイルが貯まりやすいので旅行が好きな人にオススメ。

クレジットカード選びに迷っている人は是非参考にしてみて下さいね。

ABOUT ME
KEN
はじめまして、KENと申します。 音楽が大好きで、学生時代からずっとドラムを続けています。 今から約3年前、お金と時間に縛られない生活を手に入れるべく輸入ビジネスをスタート。 現在は月収40万円~50万円を安定して稼いでいます。 詳しいプロフィールはこちら
「お金に困らない生活」手に入れませんか?

  • 「お金に余裕が無くて、休日に趣味を満喫できない・・・」
  • 「欲しい物があるけど、給料が安くてなかなか買えない・・・」
  • 「会社の給料だけだと将来が不安・・・」

 

そんなあなたの為に、副業月収10万円を稼ぐ為の「輸入ビジネス完全攻略ガイドブック」を無料でプレゼントいたします。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です