中国輸入ビジネスで
お金と時間の自由を手に入れる。
『貧乏サラリーマン』が『自由なバンドマン』に生まれ変わった方法を公開中。
リサーチ

中国輸入開始3カ月以内の初心者が初利益を出すためのリサーチのコツ

Amazonやヤフオクでリサーチの基準値を満たす商品がなかなか見つからない・・・

タオバオやアリババで安い商品が見つからず、利益が全然取れない・・・

あなたはこんな感じでリサーチで行き詰ってはいないでしょうか?

今回はそんなあなたの為に「中国輸入開始3カ月以内の初心者が初利益を出すためのリサーチのコツ」について解説します。

中国輸入開始3カ月以内の初心者が初利益を出すためのリサーチのコツ

そのコツとは結論、

『利益ではなく、まずは経験を重視する』という考え方を持つことです。

ん?どういうこと?

たしかにこれだけ言われても何のことか分からないと思います。

なのでイメージしやすいように実際の僕の体験談を元にお話しますね。

僕は2016年の9月にヤフオク転売から輸入ビジネスを始めたのですが、当時は以下のような基準値でリサーチを行っていました。

  • 過去1カ月の販売数 ÷ ライバル数 = 5以上
  • 1個あたりの利益額500円以上
  • 利益率20%以上

この3つの基準値をクリアした商品だけを仕入れるようにしていました。

来る日も来る日もリサーチを続けましたが、最初の1カ月は基準値をクリアする商品が全然見つからず、何度も諦めそうに・・・

というかまだ商品を1個も仕入れることができていなかったので、当然利益も1円も出ず成功イメージが全く沸きませんでした。

KEN

本当にこのやり方でいいのか・・・?

と疑心暗鬼になり、正直モチベーションもどんどん急降下。

KEN

このままではダメだ!

と思った僕はある決心をしました。

それは「リサーチの基準値を下げてでもいいから、商品を仕入れて販売してみて、とにかく経験を積もう」ということでした。

さっそく基準値を以下のように下方修正。

  • 過去1カ月の販売数 ÷ ライバル数 = 5以上 ⇒ 3以上
  • 1個あたりの利益額500円以上 ⇒ 300円以上
  • 利益率20%以上 ⇒ 18%以上

基準値を下方修正することでリサーチの難易度は下がるけど、それに比例してその商品で得られる利益は少なくなってしまいます。

でも以下の3つのメリットを得ることができます。

こんな感じで利益の大小は一旦置いておいて、「経験できる」というのが大きいです。

まだ商品を1個も仕入れることができていないのに、最初からガチガチの基準値を設定していては、商品を見つけるまでに疲れてしまいます。

ですので、経験値が少ない最初のうちは臨機応変に基準値を調整することも大切。

ただし基準値の下げすぎには注意です。

現在の基準値に対して60%以下にならないようにしましょう。

例えば今回の例で言うと、「利益額500円以上 ⇒ 300円以上」に調整しましたが、

300円 ÷ 500円 = 60%

ですので、下げ幅としてはギリギリOKです。

そして経験値を積んだ上で、少しずつ基準値を上げていけばOKです。

もしあなたが、リサーチがうまくいかず最初の仕入れに踏み出せていないのであれば、この考え方は是非参考にしてみくださいね。

↓そもそもリサーチの仕方が分からない方は以下をご覧ください。

↓リサーチして仕入れる商品が決まったら、以下の考え方を参考にして販売商品を増やしていきましょう。

ABOUT ME
KEN
はじめまして、KENと申します。 音楽が大好きで、学生時代からずっとドラムを続けています。 今から約3年前、お金と時間に縛られない生活を手に入れるべく輸入ビジネスをスタート。 現在は月収40万円~50万円を安定して稼いでいます。 詳しいプロフィールはこちら
「お金と時間の自由」を手に入れませんか?

  • 「お金に余裕が無くて、欲しいものが買えない・・・」
  • 「時間に余裕が無くて、趣味を満喫できない・・・」
  •  

    そんなあなたの為に、副業月収10万円を稼ぐ為の「中国輸入転売マニュアル」を無料でプレゼントします。

     

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です