輸入ビジネスでお金に困らない
自由な生活を。
『貧乏サラリーマン』が『自由なバンドマン』に生まれ変わった方法を公開中。
リサーチ【Amazon編】

【中国輸入 入門】Amazonリサーチツール「モノレート」の使い方

皆さん、こんにちは。KENです。

今回はAmazonの無料リサーチツール「モノレート」の使い方について

詳しく解説致します。

「商品の過去の売れ行きってどうやって調べるの?」

「モノレートの使い方がいまいちよく分からない!」

そんなあなたの為に今回はモノレートの使い方を1から丁寧にご説明します!

Amazonで儲かる商品を見つけていく為には、

必ずモノレートを使いこなしていく必要があります。

是非この機会に使い方をマスターしてしまいましょう!

それでは早速内容に移ります。

ASINコードで商品を検索する。

まずモノレートを開いてみましょう。

ネットで「モノレート」と検索し、一番上に出てくるサイトをクリックして下さい。

出てきたページの一番上の検索窓に、調べたい商品のASINコードを入力して、

「グラフを見る」をクリックして下さい。

ASINコードとは、Amazonの商品1個1個に付けられた商品番号のようなものです。

商品ページ内の少し下にスクロールしたところに、

登録情報という部分があり、その中の項目にASINコードがあります。

上の赤枠の部分ですね。

ASINコードを入力して、「グラフを見る」をクリックすると、

その商品の情報がモノレート内に表示されます。

ちなみに「ショッピングリサーチャー」という機能を使えば、

一瞬でこの画面を出すことができとても便利です。

「ショッピングリサーチャー」については以下の記事をご覧下さい。

★【Amazon便利機能】「ショッピングリサーチャー」で中国輸入リサーチ効率UP!★

モノレートで見るべき3つのグラフ

モノレートの画面を少し下にスクロールすると、

以下の3つのグラフが出てきます。

上から「最安値」「出品者数」「ランキング」です。

この3つのグラフがモノレートではとても重要になってきます!

今後このグラフを見ながら、

「これは仕入れる!これは仕入れない!」の判断をしていくことになります。

重要なグラフから順番にご説明します。

ランキング

こちらは「商品がどれくらい売れているか」を確認する為のグラフですので、

まずはこのグラフから見ます。

商品のランキングが時系列で表示されています。

横軸が時間で右にいくほど最近になります。

縦軸がランキングで下に行くほど上位になります。

「ん?下にいくほど上位なの?」

と最初はきっと思うはずです。私もそう思いました(笑)

下に行くほど上位で、上に行くほど下位になりますので、お間違えなく!

商品が売れると、当然ランキングがアップします。

つまり、グラフのギザギザが多ければ多いほどよく売れていて、

平坦なグラフだと、全然売れていないということになります。

先程のグラフの場合だと、以下のように読み解くことができます。

全然売れてない⇒急に物凄く売れだす⇒だんだん売れ行きが弱くなる

こんな流れになっているのが分かります。

そしてこのランキングのグラフから、大体の販売個数を予想することができます。

例えば下記のグラフの場合、1か月間でランキングが5回上昇しているので、

「1か月間で約5個売れている」と読み取ることができます。

ただし、これは正確な数値では無いので、

必ずしも1か月で5個売れるわけではないので注意が必要です。

あくまで目安程度に考えておきましょう。

最安値

ランキングの次に大事なグラフが「最安値」のグラフです。

このグラフを見ることで、

「過去に価格崩壊が起きていないか」を調べることができます。

例えば下記のグラフの場合、最近は価格変動が無く安定していますが、

赤枠部分を見てみると、過去に一気に価格が下落した時期があります。

この場合、「今後も価格下落が発生する可能性がある」と考えるべきです。

ですので、「現在の最安値だったら利益OK!」と思って仕入れても、

いざ出品した時に価格が下落していて結局赤字に・・・

なんてことも十分考えられます。

なのでこの場合は、

「過去の価格下落した時の最安値で売ったとしても、利益が取れる」

という状況であれば仕入れてもOKですが、

現在の最安値で利益ギリギリな場合は仕入を見送った方が良いでしょう。

出品者数

最後に出品者数のグラフです。

下記のグラフの場合、どんどん出品者数が増加しており、

カート獲得が困難になる可能性が考えられます。

カート獲得に関して詳しくは下記の記事をご覧下さい。

★【中国輸入 入門】Amazonカート獲得率を上げる方法★

また、下記のグラフの場合だと、現在は少人数ですが、

過去6人出品者がいた時期があったことが分かります。

(グラフにカーソルを合わせると、その時の人数が表示されます)

この場合、また6人に出品者数が増える可能性があることも

頭に入れておく必要があります。

以上が、モノレートの基本的な使い方になります。

今回ご紹介した3つのグラフを見ながら仕入判断をしていくことになります。

次回は更に具体的に、仕入判断の方法について解説していきます。

それでは、またお会いしましょう!

↓次回の記事はこちら!

★【中国輸入 入門】Amazonリサーチツール「モノレート」で仕入れる商品を判断する方法★

ABOUT ME
KEN
はじめまして、KENと申します。 音楽が大好きで、学生時代からずっとドラムを続けています。 今から約3年前、お金と時間に縛られない生活を手に入れるべく輸入ビジネスをスタート。 現在は月収40万円~50万円を安定して稼いでいます。 詳しいプロフィールはこちら
「お金に困らない生活」手に入れませんか?
  • 「お金に余裕が無くて、休日に趣味を満喫できない・・・」
  • 「欲しい物があるけど、給料が安くてなかなか買えない・・・」
  • 「会社の給料だけだと将来が不安・・・」

 

そんなあなたの為に、副業月収10万円を稼ぐ為の「輸入ビジネス完全攻略ガイドブック」を無料でプレゼントいたします。