【中国輸入 入門】Amazon出品用アカウントの作り方を丁寧に解説

皆さん、こんにちは。KENです。

 

今回は、Amazon出品用アカウントの登録方法について解説致します。

 

個人輸入未経験の方でも、ヤフオクやメルカリだと

不用品・中古品の出品で使ったことがある人もいると思いますが、

Amazonへの商品出品ってなかなか馴染みがないですよね。

 

私自身、輸入ビジネスを始める前までは、

Amazonの出品は全てAmazonがやっているのだと思い込んでいました。

個人で出品できると知った時、ビックリしたのを覚えています。

 

一般的に馴染みがあまり無い為、

最初はAmazonの出品用アカウントの登録はハードルが高く思われがちですが、

さほど難しくありませんので、この記事を読んでさくっと完了させちゃいましょう!

 

それでは早速内容に移ります。

 

 

 

【STEP1】Amazonアカウントを作成する。

まずはAmazonのトップページに入って頂き、

上の方にある「Amazonで売る」をクリックして下さい。

 

次の画面では「今すぐ登録する」をクリックして下さい。

 

次の画面では、既にショッピング用のAmazonアカウントを持っていて、

そのアカウント情報で出品者用アカウントを作る場合は、

登録したEメールもしくは電話番号を入力して、「次へ進む」をクリックして下さい。

一度でもAmazonで買い物したことがある方であれば、既に登録しているはずです。

 

ショッピング用のAmazonアカウントを持っておらず、

新しいアカウントを作る場合は、

「Amazonアカウントを作成」をクリックして下さい。

 

「Amazonアカウントを作成」クリックすると、

アカウント情報を入力する画面が開きますので、

必要事項を全て入力して下さい。

 

これでAmazonアカウントの作成は完了です。

 

 

【STEP2】出品用アカウントの設定をする。

 

もう一度Amazonトップページから

「Amazonで売る」⇒「今すぐ登録する」をクリックして下さい。

 

ちなみに出品用アカウントには

「大口アカウント」「小口アカウント」の2種類あるのですが、

私は大口アカウントの登録を強くオススメします!

 

なぜかと言うと、大口アカウントは月額4,900円(税抜)の利用料がかかりますが、

小口アカウントは、1回注文が決まる度に100円の成約料というのがかかります。

 

最初のうちはいいんですが、月収10万円くらいまで到達すると、

成約料だけで2万円以上はかかってしまいます。

 

これから月収10万円以上を目指すあなたが選ぶべき選択肢は、

金額的に大口アカウント一択です。

 

「月額4,900円でも結構かかるな!」

 

と思われるかもしれませんが、4,900円くらいでしたら、

正しい方法でリサーチさえすれば、すぐにペイできます。

 

また、大口アカウントの場合、自社オリジナル商品を出品することも可能です。

相乗り出品で、月収10万円を達成した方には、

是非オリジナル商品にも挑戦して頂きたいので、大口アカウントを強くオススメします。

 

「今すぐ登録する」をクリックすると、

自動的に大口アカウントでの登録となりますが、

画面を下の方にスクロールすると、小口アカウントの登録ボタンも存在します。

 

しかし、あなたはこれからガンガン大口で稼いでいくので、

下の方にスクロールする必要はありませんね!(笑)

 

 

「今すぐ登録する」をクリックすると以下のような画面が表示されます。

 

 

正式名称/販売業者名の項目に、あなたの氏名を入力し、

「私は、以下の契約の条項を読み、その内容に同意しました。」

の部分にチェックを入れ、「次へ」をクリックして下さい。

 

続いて、出品者情報の入力になります。

必要事項を全て入力して、一番下の「次へ」をクリックして下さい。

 

電話番号を入力した際、携帯電話にPINコードが送信されますので、

そちらを入力して、「検証」をクリックして下さい。

 

 

また、店舗名を入力した際、

店舗名の右側に緑文字で「利用可能」と表示されるか確認しましょう。

この際すでに使われている店舗名の場合は利用することができません。

 

重複登録以外にも以下のようなルールが定められています。

(Amazonガイドラインより抜粋)

 

ちなみにここで設定した店舗名は、

Amazon商品ページ内の以下の赤枠部分に表示されます。

 

店舗名で売上が左右されることはあまり無いですが、

「個人輸入で稼ぎまくる堂」

「アンハッピー商店」

など、いかにも個人輸入プレーヤー丸出しの名前や、ネガティブな名前は、

さすがに嫌な印象を与えてしまいますのでやめましょう(笑)

 

「オンラインショップ○○」「○○WEBストア」など、

とっつきやすくて分かりやすい名前が無難かと思います。

 

続いて、クレジットカード情報を入力し、下の「次へ」をクリックして下さい。

 

次の「商品情報の入力」は今は入力する必要はありませんので、

「スキップ」をクリックして下さい。

 

これで、出品用アカウントの設定、及び大口アカウントの登録が完了しました。

 

 

【STEP3】特定商取引法に基づく表示

 

アカウントの登録自体は以上で完了ですが、

ここからは商品を出品する前に準備することについて解説していきます。

 

Amazon大口アカウントで商品を販売する場合、

「特定商取引法に基づく表示」が義務付けられています。

「特定商取引法に基づく表示」とは何かと言うと、

お客様に安心して買い物してもらう為に、

ネットにお店を出す人は自分の店舗の情報をしっかり提示しましょう!

というルールのことです。

 

まず「Amazonセラーセントラル」という出品者の管理用ページがありますので、

そちらを開きます。

★Amazonセラーセントラルはこちら★

 

トップページの右上にある「設定」のプルダウンメニューの中の

「情報・ポリシー」をクリックして下さい。

 

続いて、「出品者情報」をクリックして下さい。

 

するとこのような画面が表示されるので、

以下の入力例のように、「店舗名」「所在地(ご自身の住所)」

「電話番号」「Eメール」「代表者名(自分の名前)」を入力し、

「保存」をクリックして下さい。

 

この「特定商取引法に基づく表示」は

商品ページ内にある店舗名をクリックすると表示されます。

 

↓店舗名をクリックすると・・・

 

↓このように表示されます。

 

 

【STEP4】銀行口座情報の登録

 

次にAmazonの売上が振り込まれる銀行口座を登録します。

 

Amazonセラーセントラルトップページの右上の設定から、

「出品用アカウント情報」をクリックして下さい。

 

次に表示された画面で、支払情報の欄の「銀行口座情報」をクリックし、

次のページで口座情報を入力すれば完了となります。

 

以上が、Amazon出品用アカウントの登録と、準備の手順になります。

 

次回は「FBA利用登録」について解説致します。

★【中国輸入 入門】FBAの利用登録方法について★

 

今回の「Amazon出品用アカウント作成」と次回の「FBA利用登録」

この2つの作業で、Amazon販売の準備は一通り完了になります。

 

また、今後Amazonのリサーチ方法についての記事も書いていきますので、

楽しみにしていて下さいね!

 

それでは、またお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、KENと申します。 兵庫県のとある田舎町に住んでいる32歳です(2019年11月時点) 私は学生時代から音楽が大好きで、バンドでドラムを叩いておりました。 音楽が好き過ぎて、一時は「バンドで飯を食っていきたい」と頭によぎることもありましたが、周りに流され、ごく普通なサラリーマンになりました。 サラリーマンをしながらも、やはり音楽好きなのは変わらず、休日に色々な人とバンドをやって楽しんでいました。 色々な出会いを経験したいと思い、一つのバンドにとどまらず、色々なバンドを転々としていく中、27歳の時に今のバンドメンバーと出会いました。 これまで私は「音楽は趣味」として軽くとらえていましたが、 そのメンバーは完全にプロを目指しており、私よりも遙かに意識の高い人達でした。 実際に一緒に活動をしていく中で、各メンバーの人間性にも魅力を感じ、 「この人達ともっと音楽をやっていきたい」 と思うようになりました。 これがきっかけで、学生時代に蓋をしていた音楽人生への憧れが、また少しずつ芽生えてきたのです。 一緒に活動をしていく中で、最も障壁だったのが、「時間の制約」です。 他のメンバーはサラリーマンではないので、時間の融通はききますが、私はサラリーマンだったので、土日祝しか時間をさくことができませんでした。 そしてよりによって平日に大規模イベントへの出演依頼がきたりするのです・・・。 私のせいでせっかくのチャンスを掴むことができないメンバーに申し訳ない気持ちでいっぱいでした。 そんな中、メンバーの一人から、 「自分でビジネスをやってみれば?」 と提案をもらいました。 実はそのメンバーは、アフェリエイトで数年前にサラリーマンを辞めて独立していたのです。 そのメンバーからの後押しもあり、私は「自分自身で稼ぐ方法」について必死に調べます。 そこで出会ったのが輸入ビジネスだったのです。 私が輸入ビジネスを知ったのが、2016年9月だったのですが、 ちょうど、半年後の2017年3月に、バンドが大きなイベントに出演依頼をもらっていました。(平日のイベント・・・) 私は決意しました。 「2017年3年までに輸入ビジネスを極めて会社を辞める!!」 そうメンバーに宣言をしました。 ※家族には反対されることは分かり切っていたので、しばらく家族には内緒にしていました・・・。 そして宣言通り、2017年3月時点で会社を辞めることに成功したのです。 本気で輸入ビジネスにトライして、2017年1月には月収10万円を達成、その年の4月には月収20万円を達成しました。 そして今では月収40~50万円を安定して稼ぐことができており、平日・土日を気にせず、バンドに明け暮れる毎日を送ることができています。 ざっくりと、私の事はこんな感じになります! ここまで読んで頂きありがとうございます^^