輸入ビジネスでお金に困らない
自由な生活を。
『貧乏サラリーマン』が『自由なバンドマン』に生まれ変わった方法を公開中。
販売【Amazon編】

Amazon売上管理ツール「プライスター」をオススメする2つの理由

皆さんこんにちは、KENです。

あなたは今こんなお悩みを持っていないでしょうか。

「ただでさえリサーチの時間が無いのに、商品販売点数が増えていったら、管理に時間を取られ更にリサーチの時間が無くなるのでは・・・」

私も輸入を開始したばかりのころは、副業だったのですが、1日の限られた時間の中で作業時間を捻出するのに必死でした。

そんな時に出会ったのがプライスターでした。

プライスターとは何かというと、あなたがAmazonで出品している商品の価格改定や、売上管理・在庫管理を自動で行ってくれる便利ツールのことです。

プライスターがあなたの代わりに価格・売上・在庫の管理をしてくれるので、大幅に時間を捻出することができます。

日々の価格調整や、商品の売上・利益の管理などにかかる時間は、出品する商品量にもよりますが、私の場合1日あたり大体30分はかかっていました。

1か月で計算すると、なんと約15時間も価格調整・売上管理に時間をかけていることになります。

でも、プライスターを導入すれば、その時間が一切無くなるので、儲かる商品を探す作業(リサーチ)など、あなたのビジネスの売上・利益に直結する作業時間が1か月あたり約15時間増えます。

その結果、どんどん儲かる商品のラインナップを増やしていくことができるのです。

それでは、プライスターについて更に詳しく解説していきますね。

プライスターでできること

プライスターを導入すると主に以下のことができます。
(他にもたくさん機能がありますが主要なものを抜粋しました。)

  • 価格の自動改定
  • 売上・利益・在庫の管理
  • サンクスメール自動送信
  • FBAかんたん納品

この中でも特に便利な機能「価格の自動改定」「売上・利益・在庫の管理」についてご説明します。

価格の自動改定機能

こちらは出品商品の価格を自動で調整してくれる機能になります。

突然ですが、もしあなたが今後プライスターを導入せず、「手動で」価格調整を行っていく場合、こんな未来が待っています。

もしプライスターが無いと・・・

ライバルセラーが値下げをしたが仕事中だったのですぐに気付くことができなかった。

仕事が終わった後ようやくその事に気付き、慌てて価格をライバルの価格に合わせた。

その数時間の間、案の定カートはライバルセラーが獲得しており、販売チャンスを逃してしまった・・・。

そうならないように、24時間パソコンに張り付きたいところですが、なかなかそうはいきませんよね。

例えば、常に市場最安値に設定すれば、月間30個売れるポテンシャルのある商品でも、 あなたの気付いたタイミングでしか価格調整ができないので、月間20個しか売れないという可能性もあります。

商品が最大限のポテンシャルを発揮する為には、常にカート獲得を狙っていく必要があります。

カート獲得とは?

Amazonでは1つの商品ページに対して、複数のセラーが出品できる仕組みになっています。

そのセラーの中で「より安く・より(出荷が)早く」商品を販売しているセラーが、Amazon商品ページ内の「カートに入れる」のボタンからの販売権を獲得することができます。

このことを「カートを獲得する」と言います。

そんな時、プライスターの価格自動改定機能を使えば、あなたが仕事をしている時も眠っている時も、カート獲得できるよう常に価格を自動的に調整してくれます。

実際のプライスターの画面を見てみましょう。

こちらの赤枠の中にあるボタンを押せば、自動価格改定機能をONにすることができます。

商品ごとに「状態合わせ」「FBA最安値」「最安値」などの種類があり、「どのように価格改定を行っていくか」を選択することが可能です。

例えば「FBA最安値」を選択すると、出品しているセラーの内、FBAを使っているセラーの最安値に常に合わせるようになり、「最安値」を選択すると、FBA・自社発送関係無く、全てのセラーの出品価格の最安値に合わせるようになります。

FBAとは?

在庫商品をAmazonの倉庫に納品することによって、受注後の商品発送の作業をAmazonが代行してくれるシステムのことを言います。

ここで一つに不安になるのが、「最安値」に設定していて、一人のセラーが急激に価格を下げた場合、赤字になるのでは?ということです。

大丈夫です。ご安心ください。

プライスターには、「赤字ストッパー」という機能があり、「これ以下の価格には絶対に下げない」という設定をすることができます。

これで自分の知らない間に赤字になる心配もありません。

また、プライスターでは、各セラーの「価格」「FBAなのか自社発送なのか」をAmazonページにアクセスすることなく確認できるので、スムーズに価格チェック・価格改定をすることができます。

更に、プライスターの自動価格改定機能は、スピーディーなところも売りです。

ライバルが価格を下げてから、最短2分(平均5分)で価格を合わせにいってくれるので、売上の取りこぼしを最小限に抑えることができます。

売上・利益・在庫の管理

こちらも大変便利な機能です。

もしあなたが、プライスターに頼らず、自分自身で売上・利益・在庫の管理を行うとこうなります。

もしプライスターが無いと・・・
  • 1日の終わり、眠い目をこすりながら、今日売れた商品の売上・利益を、自作のエクセルに入力して計算。
    沢山売れるのは嬉しいけど、売れれば売れるほど管理が面倒・・・この時間、他の作業したい・・・。
  • 「あれ?いつの間にかこの商品こんなに在庫が少なくなってる!急いで発注しなくちゃ!」
    在庫が少なくなっているのに気付くのが遅れ、次回発注の商品が届く前に結局在庫切れに。

プライスターを使っていれば、こんなことにはなりません。

以下のプライスターのトップページ画面を見てみましょう。

このようにトップページに、今月の売上・支出・利益の合計金額が常に表示されており、この数値は自動的に更新されていきます。

月全体の数値だけでなく、もちろん1個1個の販売の数値も見ることができます。

画面上部メニューの「売れたものをみる」をクリックすると、以下のような販売リストを見ることができます。

商品が売れるたびに、こちらに販売情報が追加されていき、最新の販売ほど上に表示されていきます。

こちらのリストはエクセル形式でダウンロードができるので、商品ごとに売上・利益を集計するのも簡単にできます。

更に、メニューの「在庫をみる」をクリックすると、各商品の現在の在庫数を確認することができます。

こちらの在庫数は商品が売れるたびに更新されていきます。

このようにプライスターは、商品の価格調整、売上・利益・在庫の管理をあなたの代わりに行ってくれます。

KENがプライスターをオススメする2つの理由

プライスターの機能について大体ご理解を頂けたかと思いますが、なぜKENがプライスターをそこまでオススメするのかご説明します。

1日30分のリサーチ時間を捻出できる

プライスターを使う前の私は、「ツールは一切使わず、なるべくお金をかけずに稼ぎたい」と考えていました。

当時は副業だったので、1日にかけられる作業の時間は、せいぜい4時間程度でした。

その4時間の中に、「ライバルの価格チェック・価格調整」、「売上・利益・在庫管理」の時間ももちろん含まれています。

作業時間にすると大体30分くらいは使っていたと思います。

今思えばこの30分が本当に勿体無かったと思います。

厄介なことに、この作業が自分の1日の流れの中でルーチン化されてしまっていたので、この勿体無さに気付くことができずにいました。

仕事から帰ってきて、すぐに価格チェックをしていたのですが、

「うわ・・・ライバルめっちゃ価格下げてるやん・・・おかげでカート取れてないし全然売れてへん・・・」
みたいなことが何度もありました。

しばらくこういう日々が続いて、さすがにまずいと思った私は、何か打開策は無いかとネットで探したところ、プライスターに出会いました。

プライスターを導入した当時はめちゃくちゃ感動したのを覚えています。

導入後は、販売後の管理を丸投げできるので、以前のように仕事から帰ってきてすぐに価格チェックをすることも無くなりました。

当時は、儲かる商品を見つけることに沢山時間を使いたいと思っていたので、仕事から帰宅後、速攻でリサーチ作業に入ることができ、儲かる商品探しに思う存分時間をかけることができるようになったので、とても嬉しかったです。

スマホアプリの販売通知でモチベーションアップ

プライスターにはスマホ用アプリがあるので、外出先でも簡単に売上・利益の確認、価格設定・変更が可能なのですが、以下のように商品が売れると通知がきます。

これが立て続けにポンポンポン!と来ると、めちゃくちゃ嬉しいんですよね。

よし!もっと売ろう!とモチベーションも上がっていきます。

仕事中にこっそりスマホの画面を見て、周りにバレないように小さくガッツポーズしてました(笑)

プライスターのデメリット

では逆に、プライスターのデメリットについて解説していきます。

月額利用料がかかる

「月額利用料がかかる」というのがプライスターの唯一の欠点です。

その金額は月額4,800円(2年使い続けると3,900円)で、最初の30日間は無料です。

輸入ビジネスを始めたばかりのあなたにとっては、少し高い金額に感じるかもしれません。

ですが、もしあなたが、昔の私と同じように「お金をかけずに稼ぎたい」という気持ちがあるなら、その気持ちは一旦捨ててみて下さい。

「1日30分の時間を捻出できる」と考えると、月額4,800円という金額は正直かなり安いと思います。

捻出した時間を使って月利4,800円以上の商品を見つけてくればOKなのです。

月利4,800円以上の商品を見つける方法

とは言っても、「果たして月利4,800円以上の商品を見つけることができるだろうか・・・」と不安な気持ちになると思います。

そんなあなたの為に、私のブログでは、儲かる商品を見つける為の効率的なリサーチ方法について紹介をしています。

まず下記の記事から読み進めてみて下さい。

基礎的な部分より、実践的な知識を身に付けたい場合は、下記を読み進めてみて下さい。

プライスターの登録方法

では、実際にプライスターに登録してみましょう。

まず、上記の「プライスターを30日間無料で試してみる」をクリックして下さい。

すると、以下の画面が開きますので、「30日間無料体験受付中」をクリックして下さい。

次に、以下の画面が開きますので、「日本版に申し込む」をクリックして下さい。

すると、氏名・住所・電話番号などの情報を入力する画面になりますので、全ての項目を入力して「決定」をクリックすれば、登録完了になります。

まとめ

  • プライスターは商品の価格改定や、売上管理・在庫管理を自動で行ってくれるツール
  • 商品リサーチなどの時間を大幅に捻出することができる。(1か月あたり約15時間)
  • 価格改定を自動で行ってくれるので、売上の取りこぼしが少なくなる。
  • プライスターのトップページで、売上・利益の数値を常に確認できる。
  • 各商品の在庫数もリアルタイムで見れるので、うっかり発注し忘れることも無くなる。
  • 月額利用料は4,800円(最初の30日間は無料)

以上が、プライスターについての解説になります。

効率的にAmazon販売を進める上で欠かせないツールですので、是非この機会にプライスターの導入を検討してみて下さい。

では、またお会いしましょう。

ABOUT ME
KEN
はじめまして、KENと申します。 音楽が大好きで、学生時代からずっとドラムを続けています。 今から約3年前、お金と時間に縛られない生活を手に入れるべく輸入ビジネスをスタート。 現在は月収40万円~50万円を安定して稼いでいます。 詳しいプロフィールはこちら
「お金に困らない生活」手に入れませんか?

  • 「お金に余裕が無くて、休日に趣味を満喫できない・・・」
  • 「欲しい物があるけど、給料が安くてなかなか買えない・・・」
  • 「会社の給料だけだと将来が不安・・・」

 

そんなあなたの為に、副業月収10万円を稼ぐ為の「輸入ビジネス完全攻略ガイドブック」を無料でプレゼントいたします。