【中国輸入 入門】Amazon FBA納品の方法を1から丁寧に解説~納品プラン作成編~

Pocket

皆さん、こんにちは。KENです。

 

前回に引き続き、AmazonのFBA納品の(出品)方法について解説していきます。

 

今回は「納品プランの作成方法」について詳しく解説致します。

 

前回の記事にて「商品登録」の方法についてご説明しましたが、

商品登録完了後の2つ目のステップとしまして、

納品プランを作成する必要があります。

 

前回の記事をまだ見ていない方は、是非目を通して頂き、

まずは商品登録の方法をマスターしましょう。

★【中国輸入 入門】Amazon FBA納品の方法を1から丁寧に解説~商品登録編~★

 

前回の記事と合わせて、今回の記事を読み進めて頂ければ、

Amazon FBA納品の流れを一通り理解することができますので、

「FBA納品はややこしい!」という苦手意識も払拭できることと思います。

 

それでは早速内容に移っていきます。

 

納品プラン作成の手順

 

まずAmazonセラーセントラルの在庫メニューの中の

「在庫管理」をクリックして下さい。

 

すると、登録をした商品の一覧がずらっと表示されますので、

各商品項目の一番右にある「詳細の編集」のメニューの中の

「在庫商品を納品/補充する」をクリックして下さい。

 

次に以下のような「在庫を納品/補充」の画面が開きますので、

納品プランのところを「新規の納品プランを作成」を選択し、

梱包タイプのところを「個別の商品(異なる商品で構成)」を選択し、

「続ける」をクリックして下さい。

 

すると、以下のような画面になります。

納品プランに商品を更に追加したい場合は、

右上の「商品を追加」をクリックして下さい。

 

すると、以下のようなウィンドウが表示されますので、

上側の検索窓にて、追加したい商品のASINコードや、SKU、

商品名などを入力して検索をして下さい。

 

検索をすると、該当の商品が表示されますので、

右側の「プランに追加」をクリックして下さい。

 

そうすると、先程の画面に商品が追加されているのが分かります。

 

この要領で納品したい商品を追加していきましょう。

 

納品したい商品を全て追加し終わったら、

次に各商品の数量を入力し、「続ける」をクリックして下さい。

 

すると、「誰が梱包準備をしますか?」という項目が出てきますので、

「出品者が行う」を選択して、右下の「続ける」をクリックして下さい。

 

すると、商品一覧の下に「ラベルを印刷」が出てきますので、

そちらをクリックして下さい。

 

そうしますと、以下の商品ラベル」という商品に貼付するバーコードを

ダウンロードすることができます。

先程設定した商品の数量分のバーコードが反映されています。

 

こちらのバーコードを切り取り、各商品に貼付していきます。

輸入代行業者に納品代行をする場合は、

商品ラベルのファイルを代行業者に送付しましょう。


↓輸入代行に関して詳しく知りたい方は、下記をご覧ください。
 

★中国輸入代行業者とは?どの業者を選べば良い?★

 

右下の「続ける」をクリックすると、納品先が表示されるので、

右下の「承認して次へ」をクリックして下さい。

 

すると、以下のような画面になりますので、

「納品作業を続ける」をクリックして下さい。

 

次に、以下のような画面になりますので、

ご自身が利用する配送業者を選択して下さい。

輸入代行業者を利用して国際発送してもらう場合は「Other」を選択します。

 

次に、画面を下にスクロールさせると、

「どのように梱包されますか?」という項目が出てきますので、

該当する項目を選択して下さい。

 

例えば、商品A50個、商品B50個、

計100個を商品ごとに2箱に分けて発送する場合は、

「輸送箱数【複数】/商品ごとに輸送箱を分ける」を選択します。

商品A50個、商品B50個、商品C50個、

計150個を商品ごとに分けず、混在させて5箱に入れて発送する場合は、

「異なる商品が輸送箱に混在(15箱以下)」を選択します。

 

次に、画面を更に下にスクロールさせると、

「輸送箱の数、重量、寸法を入力」という項目がありますので、

まず「輸送箱の合計数」に今回発送する箱数を入力し、

「輸送箱の数を設定」をクリックして下さい。

 

すると、箱数分の重量・寸法を入力する項目がその下に出てきますので、

重量・寸法を入力しましょう。

※輸入代行業者に発送を代行する場合は、

代行業者が各箱の重量・寸法を連絡してくれるはずですので、

そちらを入力します。

 

ここまでの入力が完了したら、画面を下にスクロールさせると、

「配送ラベルを印刷」というのがありますので、そちらをクリックして下さい。

すると、以下の「配送ラベル」という輸送箱に貼付するバーコードを

ダウンロードすることができます。

先程設定した輸送箱の数量分のバーコードが反映されています。

 

こちらのバーコードを切り取り、各輸送箱に貼付していきます。

輸入代行業者に納品代行をする場合は、商品ラベル同様に、

配送ラベルのファイルも代行業者に送付しましょう。

 

ここまで完了したら、

右下の「クリックすると納品が完了します」をクリックしましょう。

 

すると、発送のお問い合わせ番号を入力する項目が表示されるので、

入力して「保存」をクリックして下さい。

※Amazonいわく、お問い合わせ番号を入力しておくことで、

FBA倉庫での納品処理のスピードが上がるとのことです。

 

この入力が完了したら右上の「出荷済みとしてチェック」をクリックして下さい。

 

これで納品プランの作成は完了になります。

 

商品がFBA倉庫に到着すると以下のようなメールが届きます。

 

そして、FBA倉庫がよっぽど混雑していない限りは

約2~3営業日くらいで下記メールが届き、

Amazonへの出品が開始されていきます。

 

これで晴れてAmazonへの出品が完了しました!

 

以上、FBA納品の流れを一通りご説明しましたが、いかがでしたでしょうか。

慣れてしまえば簡単ですので、

是非こちらの記事を見ながら少しずつ覚えていきましょう!

 

それでは、またお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、KENと申します。 兵庫県のとある田舎町に住んでいる32歳です(2019年11月時点) 私は学生時代から音楽が大好きで、バンドでドラムを叩いておりました。 音楽が好き過ぎて、一時は「バンドで飯を食っていきたい」と頭によぎることもありましたが、周りに流され、ごく普通なサラリーマンになりました。 サラリーマンをしながらも、やはり音楽好きなのは変わらず、休日に色々な人とバンドをやって楽しんでいました。 色々な出会いを経験したいと思い、一つのバンドにとどまらず、色々なバンドを転々としていく中、27歳の時に今のバンドメンバーと出会いました。 これまで私は「音楽は趣味」として軽くとらえていましたが、 そのメンバーは完全にプロを目指しており、私よりも遙かに意識の高い人達でした。 実際に一緒に活動をしていく中で、各メンバーの人間性にも魅力を感じ、 「この人達ともっと音楽をやっていきたい」 と思うようになりました。 これがきっかけで、学生時代に蓋をしていた音楽人生への憧れが、また少しずつ芽生えてきたのです。 一緒に活動をしていく中で、最も障壁だったのが、「時間の制約」です。 他のメンバーはサラリーマンではないので、時間の融通はききますが、私はサラリーマンだったので、土日祝しか時間をさくことができませんでした。 そしてよりによって平日に大規模イベントへの出演依頼がきたりするのです・・・。 私のせいでせっかくのチャンスを掴むことができないメンバーに申し訳ない気持ちでいっぱいでした。 そんな中、メンバーの一人から、 「自分でビジネスをやってみれば?」 と提案をもらいました。 実はそのメンバーは、アフェリエイトで数年前にサラリーマンを辞めて独立していたのです。 そのメンバーからの後押しもあり、私は「自分自身で稼ぐ方法」について必死に調べます。 そこで出会ったのが輸入ビジネスだったのです。 私が輸入ビジネスを知ったのが、2016年9月だったのですが、 ちょうど、半年後の2017年3月に、バンドが大きなイベントに出演依頼をもらっていました。(平日のイベント・・・) 私は決意しました。 「2017年3年までに輸入ビジネスを極めて会社を辞める!!」 そうメンバーに宣言をしました。 ※家族には反対されることは分かり切っていたので、しばらく家族には内緒にしていました・・・。 そして宣言通り、2017年3月時点で会社を辞めることに成功したのです。 本気で輸入ビジネスにトライして、2017年1月には月収10万円を達成、その年の4月には月収20万円を達成しました。 そして今では月収40~50万円を安定して稼ぐことができており、平日・土日を気にせず、バンドに明け暮れる毎日を送ることができています。 ざっくりと、私の事はこんな感じになります! ここまで読んで頂きありがとうございます^^