中国輸入の仕入数量はどうやって決めればいい?

Pocket

皆さん、こんにちは。KENです。

 

今回は、「どれくらいの数量の商品を仕入れれば良いか」についてお話します。

 

商品リサーチをして、仕入れる商品が決まったまでは良いけど、

その商品をどれくらい仕入れれば良いか・・・

 

こんな悩みを持っている方多いと思います。

 

そんな方の為に、今回は仕入量の決定方法について詳しく解説していきますので、

仕入量の判断に迷っている方は是非読み進めてみて下さいね!

 

それでは早速内容に移ります。

 

 

 

初回仕入はテストで5個仕入れる

 

初めて仕入れる商品は、まずはテスト販売を行いましょう。

手始めに5個仕入れるのが良いです。

 

モノレートを見て、1か月30個売れるデータがあるからといって、

いきなり30個仕入れるのは大変危険です!

 

なぜなら、モノレートのデータは100%正確なデータでは無いからです。

モノレート上では、1か月30個売れているデータがとれていたとしても、

実際にはほとんど売れていない可能性もあります。

モノレートの数値はあくまで参考程度に考えてください。

 

沢山仕入れるのは、テスト5個の実際の売れ行きをチェックしてからにしましょう。

 

 

テスト販売をして「品質チェック」をしよう!

 

テスト販売の目的は売れ行きチェック以外にも、

「品質チェック」の目的があります。

 

実際に販売をしてみたら、

お客様からクレームを頂き、商品不良が見つかるケースがあります。

 

もし品質が悪い商品を、大量に仕入してしまったとしたら、

お金的にも時間的にもかなりの損失になってしまいます。

そうならない為にも、まずはテスト販売をして、

信頼できる仕入元かどうかをチェックするのです。

 

もしテスト商品5個から1個でも不良品が発生したならば、

仕入元を変更して再度テスト販売を行いましょう。

 

 

テスト5個の売れ行きを見て本格的に仕入れる。

 

テスト5個を販売して、売れ行きと品質のチェックが完了したら、

次に本格的に仕入れていきます。

 

ここでの仕入量の決定方法ですが、

テスト5個の売れ行きから、1か月の販売数を予想して決定します。

 

例えば、5個を10日間で売り切ったとします。

これを1か月(30日間)で換算すると、15個になります。

ですので、次回の仕入は15個で仕入れます。

 

このようにテスト5個の販売動向から、次回の仕入量を決定するのです。

 

 

モノレートで商品価格・セラー数の動向をチェックし、仕入量を調整する。

 

5個の販売動向から単純計算して1か月の販売数を予想しましたが、

ここから、モノレートで商品価格・セラー数の動向をチェックし、

仕入量を調整していきましょう。

 

実際の例を見ながら解説します。

 

以下の商品の場合、商品価格とセラー数がある程度安定しているので、

単純計算した1か月分の販売数量を仕入れてしまってOKです。

 

しかし、商品価格やセラー数に、以下のような変化が現れてきている場合は、

仕入数量を若干調整した方が良いでしょう。

 

例えば、本来なら30個仕入れるところを、半分の15個にするなど、

自分なりのルールを作って数量を調整するようにして下さい。

 

 

以上が、中国輸入における仕入数量の決定方法になります。

 

いきなり大量に仕入れるのは危険ですので、

しっかりテスト仕入をした上で仕入数量を見極めていきましょう。

 

それでは、またお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です