中国輸入代行業者とは?どの業者を選べば良い?

Pocket

皆さん、こんにちは。KENです。

 

今回は中国輸入において欠かすことができない「輸入代行業者」について解説致します。

 

あなたが中国輸入初心者であれば、

「タオバオ・アリババで商品を見つけたは良いがどうやって仕入れれば良いの?」

「輸入代行業者、沢山ありすぎてどれを選べば良いか分からない!」

 

こんな悩みを持っている方多いと思います。

 

私も最初のうちは、輸入代行業者選びに苦労していました。

色々な代行業者を彷徨ってふらふらしておりました(^^;

 

これから皆様が私のように代行業者選びで迷宮入りしないように、

輸入代行業者の概要や、オススメの業者について詳しく解説致しますので、

是非読み進めてみてくださいね!

 

それでは、早速内容に移りましょう。

 

 

 

中国輸入代行業者とは?

中国輸入代行業者とは?

 

そもそも、「中国輸入代行業者」というフレーズを初めて聞いた方の為に、

簡単に概要をご説明いたします。

 

中国輸入代行業者とは、その名の通り、

中国商品を代わりに輸入してくれる業者のことを指します。

 

これだけでは、そこまでメリットを感じられないかもしれませんが、

実は以下のような業務も代行してくれます。

 

・検品作業

・Amazon倉庫への納品代行(ラベル貼り・梱包など)

・商品のセット組作業やOPP袋入れ作業

・商品撮影代行

・リサーチ代行

・工場(タオバオ・アリババショップ)への問い合わせ代行

 

単純に商品を代わりに仕入れてくれるだけでなく、

上記で挙げたような様々なサービスを提供している業者が増えています。

 

特に検品作業やAmazon倉庫への納品に関しては、

仕入量が増えてくると、とてもじゃないけど自分一人で対応することが難しくなってきます。

 

もちろん、手数料はかかりますが、

業務効率化を考えると、手数料を支払う価値は存分にあります。

 

また、OEM(自社オリジナル商品)の販売を行っていく方にとっては、

商品のセット組作業、袋入れ作業やタグ付け作業を代わりに行ってくれるのは

非常に助かりますよね。

 

本格的に輸入ビジネスを始めていく方にとっては、

輸入代行業者の使用は必須となってきますので、今後必ず使っていくようにしましょう。

 

 

KENがオススメする輸入代行業者

KENがオススメする輸入代行業者

実際にネットで輸入代行業者を調べてみると、沢山の業者が出てきます。

 

業者ごとのメリット・デメリットなどを比較しながら解説している情報も目にしますが、

情報が多すぎて正直どれを選べば良いかさっぱり分かりませんよね・・・(^^;

 

今回は、色々な代行業者を試した私がオススメする業者を、

一つに絞って皆様にご紹介しようと思います。

 

それはズバリ「RAKUMART(ラクマート)」という業者です。

 

私KENもずっとRAKUMARTを使用していますが、

非常に使いやすくて大変オススメの業者です。

 

次回の記事で、具体的にRAKUMARTの特徴や、

私がオススメする理由について詳しくご説明いたします。

 

輸入代行業者をこれから初めて使う方や、

現在別の業者を使っているけど、他の業者に乗り換えを検討されている方は、

是非次回の記事も読んでみて下さいね!

 

それでは、またお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、KENと申します。 兵庫県のとある田舎町に住んでいる32歳です(2019年11月時点) 私は学生時代から音楽が大好きで、バンドでドラムを叩いておりました。 音楽が好き過ぎて、一時は「バンドで飯を食っていきたい」と頭によぎることもありましたが、周りに流され、ごく普通なサラリーマンになりました。 サラリーマンをしながらも、やはり音楽好きなのは変わらず、休日に色々な人とバンドをやって楽しんでいました。 色々な出会いを経験したいと思い、一つのバンドにとどまらず、色々なバンドを転々としていく中、27歳の時に今のバンドメンバーと出会いました。 これまで私は「音楽は趣味」として軽くとらえていましたが、 そのメンバーは完全にプロを目指しており、私よりも遙かに意識の高い人達でした。 実際に一緒に活動をしていく中で、各メンバーの人間性にも魅力を感じ、 「この人達ともっと音楽をやっていきたい」 と思うようになりました。 これがきっかけで、学生時代に蓋をしていた音楽人生への憧れが、また少しずつ芽生えてきたのです。 一緒に活動をしていく中で、最も障壁だったのが、「時間の制約」です。 他のメンバーはサラリーマンではないので、時間の融通はききますが、私はサラリーマンだったので、土日祝しか時間をさくことができませんでした。 そしてよりによって平日に大規模イベントへの出演依頼がきたりするのです・・・。 私のせいでせっかくのチャンスを掴むことができないメンバーに申し訳ない気持ちでいっぱいでした。 そんな中、メンバーの一人から、 「自分でビジネスをやってみれば?」 と提案をもらいました。 実はそのメンバーは、アフェリエイトで数年前にサラリーマンを辞めて独立していたのです。 そのメンバーからの後押しもあり、私は「自分自身で稼ぐ方法」について必死に調べます。 そこで出会ったのが輸入ビジネスだったのです。 私が輸入ビジネスを知ったのが、2016年9月だったのですが、 ちょうど、半年後の2017年3月に、バンドが大きなイベントに出演依頼をもらっていました。(平日のイベント・・・) 私は決意しました。 「2017年3年までに輸入ビジネスを極めて会社を辞める!!」 そうメンバーに宣言をしました。 ※家族には反対されることは分かり切っていたので、しばらく家族には内緒にしていました・・・。 そして宣言通り、2017年3月時点で会社を辞めることに成功したのです。 本気で輸入ビジネスにトライして、2017年1月には月収10万円を達成、その年の4月には月収20万円を達成しました。 そして今では月収40~50万円を安定して稼ぐことができており、平日・土日を気にせず、バンドに明け暮れる毎日を送ることができています。 ざっくりと、私の事はこんな感じになります! ここまで読んで頂きありがとうございます^^