【中国輸入ビジネスで役立つ!】翻訳サイト「Weblio」の使い方を解説

Pocket

皆さん、こんにちは。KENです。

 

今回は中国輸入ビジネスで役に立つ翻訳サイト

「Weblio」の使い方について解説致します。

 

輸入ビジネスを始めたばかりの方でよくあるお悩みが

 

「日本語をうまく中国語に翻訳できない!」

 

私も本当にこれは苦労しました・・・(^^;

 

そんなお悩みをもった方たちの味方になってくれるのが「Weblio」です!

この翻訳サイト、とても便利なんです!

 

どのように便利なのかについて詳しく解説していきますね。

 

 

Weblioのここが凄い!Google翻訳には無い嬉しい機能とは!?

 

皆さんは、日本語を中国語に翻訳する時、どの翻訳サイトを利用していますか?

 

おそらく多くの方が「Google翻訳」を利用していると思います。

 

Google翻訳は、たくさんの言語に対応していて素晴らしいサイトですが、

たまに自分が意図しているものと、違う翻訳をしてしまうことがあります。

 

例えば、下記の商品をGoogle翻訳で、中国語に翻訳するとします。

 

ハンドルの商品ですね。

 

それでは、Google翻訳で「ハンドル」を中国語に翻訳してみましょう。

 

ん?処理?なんか違う気がしますね・・・

 

一応タオバオで検索してみます。

 

ハンドルの「ハ」の字も無い見当違いな検索結果が出てきました・・・。

こんな具合にGoogle翻訳ですと、見当違いな翻訳をしてしまう場合があります。

 

そこで登場するのが「Weblio」です!

 

それでは、Weblioの使い方について、順を追って解説します。

 

まずネットで「weblio」と検索し、「Weblio翻訳」というのをクリックして下さい。

 

すると、Weblioのページが開きますので、

ページ上部の「日中中日辞典」という部分をクリックして下さい。

 

すると、以下のような画面に切り替わりますので、

検索窓に「ハンドル」と入力して、「項目を検索」をクリックして下さい。

(この画面は今後よく開くことになるのでブックマークしておきましょう!)

 

すると、検索結果が表示されますが、

このように色々な翻訳パターンを提示してくれます!

 

しかも、「(機械の)ハンドル」「(自動車の)ハンドル」

「(かご・やかん・手提げなどの)ハンドル」などのように、

解説も付けてくれています。

 

これこそが、Weblioの一番便利なポイントで、

先程のGoogle翻訳のように、見当違いな検索をすることなく、

自分の意図したキーワードで検索することができるので、

効率的にリサーチを進めることができます。

 

今回は自動車のハンドルを探しているので、

この一覧の中の「方向盘」が正しいと思われるので、このキーワードを使って、

再度タオバオで検索してみましょう。

 

 

 

自動車のハンドルがヒットしました!

 

このようにWeblioを活用することで、

自分が求めている商品を的確に検索することができます。

 

ただし、Weblioは全てのキーワードに対応しているわけではなく、

翻訳できないキーワードもありますので、

Google翻訳とWeblioをうまく組み合わせて翻訳をしていくようにしましょう。

 

 

以上が、中国輸入ビジネスで役に立つ「Weblio」の解説になります。

 

的確な翻訳をすることで、リサーチ時間の短縮にもなりますので、

是非この機会に使いこなしていきましょうね!

 

それでは、またお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、KENと申します。 兵庫県のとある田舎町に住んでいる32歳です(2019年11月時点) 私は学生時代から音楽が大好きで、バンドでドラムを叩いておりました。 音楽が好き過ぎて、一時は「バンドで飯を食っていきたい」と頭によぎることもありましたが、周りに流され、ごく普通なサラリーマンになりました。 サラリーマンをしながらも、やはり音楽好きなのは変わらず、休日に色々な人とバンドをやって楽しんでいました。 色々な出会いを経験したいと思い、一つのバンドにとどまらず、色々なバンドを転々としていく中、27歳の時に今のバンドメンバーと出会いました。 これまで私は「音楽は趣味」として軽くとらえていましたが、 そのメンバーは完全にプロを目指しており、私よりも遙かに意識の高い人達でした。 実際に一緒に活動をしていく中で、各メンバーの人間性にも魅力を感じ、 「この人達ともっと音楽をやっていきたい」 と思うようになりました。 これがきっかけで、学生時代に蓋をしていた音楽人生への憧れが、また少しずつ芽生えてきたのです。 一緒に活動をしていく中で、最も障壁だったのが、「時間の制約」です。 他のメンバーはサラリーマンではないので、時間の融通はききますが、私はサラリーマンだったので、土日祝しか時間をさくことができませんでした。 そしてよりによって平日に大規模イベントへの出演依頼がきたりするのです・・・。 私のせいでせっかくのチャンスを掴むことができないメンバーに申し訳ない気持ちでいっぱいでした。 そんな中、メンバーの一人から、 「自分でビジネスをやってみれば?」 と提案をもらいました。 実はそのメンバーは、アフェリエイトで数年前にサラリーマンを辞めて独立していたのです。 そのメンバーからの後押しもあり、私は「自分自身で稼ぐ方法」について必死に調べます。 そこで出会ったのが輸入ビジネスだったのです。 私が輸入ビジネスを知ったのが、2016年9月だったのですが、 ちょうど、半年後の2017年3月に、バンドが大きなイベントに出演依頼をもらっていました。(平日のイベント・・・) 私は決意しました。 「2017年3年までに輸入ビジネスを極めて会社を辞める!!」 そうメンバーに宣言をしました。 ※家族には反対されることは分かり切っていたので、しばらく家族には内緒にしていました・・・。 そして宣言通り、2017年3月時点で会社を辞めることに成功したのです。 本気で輸入ビジネスにトライして、2017年1月には月収10万円を達成、その年の4月には月収20万円を達成しました。 そして今では月収40~50万円を安定して稼ぐことができており、平日・土日を気にせず、バンドに明け暮れる毎日を送ることができています。 ざっくりと、私の事はこんな感じになります! ここまで読んで頂きありがとうございます^^