【中国輸入ビジネスで役立つ!】翻訳サイト「Weblio」の使い方を解説

Pocket

皆さん、こんにちは。KENです。

 

今回は中国輸入ビジネスで役に立つ翻訳サイト

「Weblio」の使い方について解説致します。

 

輸入ビジネスを始めたばかりの方でよくあるお悩みが

 

「日本語をうまく中国語に翻訳できない!」

 

私も本当にこれは苦労しました・・・(^^;

 

そんなお悩みをもった方たちの味方になってくれるのが「Weblio」です!

この翻訳サイト、とても便利なんです!

 

どのように便利なのかについて詳しく解説していきますね。

 

 

Weblioのここが凄い!Google翻訳には無い嬉しい機能とは!?

 

皆さんは、日本語を中国語に翻訳する時、どの翻訳サイトを利用していますか?

 

おそらく多くの方が「Google翻訳」を利用していると思います。

 

Google翻訳は、たくさんの言語に対応していて素晴らしいサイトですが、

たまに自分が意図しているものと、違う翻訳をしてしまうことがあります。

 

例えば、下記の商品をGoogle翻訳で、中国語に翻訳するとします。

 

ハンドルの商品ですね。

 

それでは、Google翻訳で「ハンドル」を中国語に翻訳してみましょう。

 

ん?処理?なんか違う気がしますね・・・

 

一応タオバオで検索してみます。

 

ハンドルの「ハ」の字も無い見当違いな検索結果が出てきました・・・。

こんな具合にGoogle翻訳ですと、見当違いな翻訳をしてしまう場合があります。

 

そこで登場するのが「Weblio」です!

 

それでは、Weblioの使い方について、順を追って解説します。

 

まずネットで「weblio」と検索し、「Weblio翻訳」というのをクリックして下さい。

 

すると、Weblioのページが開きますので、

ページ上部の「日中中日辞典」という部分をクリックして下さい。

 

すると、以下のような画面に切り替わりますので、

検索窓に「ハンドル」と入力して、「項目を検索」をクリックして下さい。

(この画面は今後よく開くことになるのでブックマークしておきましょう!)

 

すると、検索結果が表示されますが、

このように色々な翻訳パターンを提示してくれます!

 

しかも、「(機械の)ハンドル」「(自動車の)ハンドル」

「(かご・やかん・手提げなどの)ハンドル」などのように、

解説も付けてくれています。

 

これこそが、Weblioの一番便利なポイントで、

先程のGoogle翻訳のように、見当違いな検索をすることなく、

自分の意図したキーワードで検索することができるので、

効率的にリサーチを進めることができます。

 

今回は自動車のハンドルを探しているので、

この一覧の中の「方向盘」が正しいと思われるので、このキーワードを使って、

再度タオバオで検索してみましょう。

 

 

 

自動車のハンドルがヒットしました!

 

このようにWeblioを活用することで、

自分が求めている商品を的確に検索することができます。

 

ただし、Weblioは全てのキーワードに対応しているわけではなく、

翻訳できないキーワードもありますので、

Google翻訳とWeblioをうまく組み合わせて翻訳をしていくようにしましょう。

 

 

以上が、中国輸入ビジネスで役に立つ「Weblio」の解説になります。

 

的確な翻訳をすることで、リサーチ時間の短縮にもなりますので、

是非この機会に使いこなしていきましょうね!

 

それでは、またお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です